NPO法人ほっぺの事業は、2020年度、2021年度の社会福祉医療機構(WAM)の社会福祉復興助成を受け実施しています。2020年度成果報告書はこちらをクリック

ほっぺ通信2021年4月号

4月のほっぺカレンダー

自由来所の子育て支援拠点のオープン日はカレンダーのアイコンにてご確認ください。

イベントの詳細はこちらからチェック

ほっぺが利用しやすくなりました。

通常利用やイベント参加時の年間登録が不要になりました!
※にこにこほっぺ・のびっこほっぺ・託児・huggyをご利用の場合は年間管理登録が必要です。

イベントリニューアル!

※ぴよぴよほっぺ・よちよちほっぺは新しいイベントに変身しました。
※イベントの日付は月によって変更がある場合があります。詳細な日付はその月のほっぺ通信やSNSなどでお知らせしています。

ひとことメッセージ

ほっぺに来訪されたことのないママも、LINEはいつでも受付けていますよ♪

はじめての子づれキャンプ

新型コロナの影響でキャンプ人気に火がついていますね!
私も、4歳と10ヶ月の娘を2人連れて初キャンプに参加しました。
上の子はいつもと違う場所で寝る事を嫌がって「帰りたいよー」というハプニングもありましたがお友達と遊んだり、一緒にご飯を食べたりすごく楽しかったようで、また行きたいなーと言ってました。
下の子はまだ歩く前だったのでベビーカーにほぼ乗っていましたが、みんなが楽しそうにしてるのをニコニコ見ていて終始楽しそうでした。
行く前は大丈夫かな、これ持っていったほうがいいかなとか不安もありましたがこどもたちが楽しんでいてすごくいい思い出になりました。

親子キャンプデビュー~あそびの工房 もくもく屋 田川さん~

去年から世間ではアウトドア人気ですね!その中でも「キャンプ」は人気ですよね。
私はかれこれ30年ほどキャンプ場に通い詰めています。始めは仲間たちと。今は家族で行くようになりました。
家族がキャンプ初心者&子どもがまだ乳幼児…となれば、1泊するだけでもドキドキものです。自然相手、子ども相手となれば、想定と想像を簡単に超えてきます。持っていったものは3割しか使わなかったり…。その中でも「カセットコンロ」は最強であり焼・煮・温め・飲み物も自在。まさに神道具!そして、片手鍋、フライパンの神々しさときたらもう…。とにかく、飯盒なんてものは必要ない!日常の延長線上にキャンプがあるのです。
まだ、キャンプに不安な方はまずは「行く前に炊飯器以外の道具でご飯を炊いて」みましょう。そして、フライパン1つで2品作って食べてみましょう!なんなら泊まらなくて良いのです。現地では鍋でご飯を炊き、レトルトカレーを温めて外で食べる。それだけで気分が上がります!とにかく「全てを愉しむこと」「失敗も楽しもう」!忘れモノもしまくってください。そして、何とかする工夫を愉しみましょう。泊まる場合は、夜は焚き火でほっこりしながら普段できない話を「ダラダラ」し、眠くなったら寝る。そういうことが非日常ならば、ここを醍醐味と呼ぶべきじゃないでしょうか。

筆者オススメグッズ(4人家族デビュー戦 日帰り編)

カセットコンロ/ボンベ2本/鍋/フライパン/レトルトカレーorレトルトハヤシライスとか/さとうのご飯/食パンもあり/お米炊く場合は「無洗米」がラク/大好きなおやつ/飲料/上記を収めるクーラーボックス/紙食器類/お箸類/調理をする場合は包丁+ミニまな板/古新聞朝刊3日分/ライターorマッチ/日除けのタープ等/敷物/イス/机のようなもの/ゴミ袋5枚くらい/洗剤とスポンジ(キャンプ場によっては洗剤が使えないところも有)

CHECK

ほっぺ通信は利用者のママサークル「ほっぺ広報課」が作成しています。

タイトルとURLをコピーしました